ge帝国盛衰史

みんな探している人気の「ge帝国盛衰史(本・雑誌・コミック )」をFavoFavoItemsが注目度順に集めました。

GE帝国盛衰史「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか トーマス・グリタ

「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか トーマス・グリタ テッド マン ダイヤモンド社ジーイーテイコクセイスイシ トーマス グリタ テッド マン 発行年月:2022年07月14日 締切日:2022年05月06日 ページ数:496p サイズ:単行本 ISBN:9784478115244 グリタ,トーマス Gryta,Thomas ウォール・ストリート・ジャーナルニューヨーク支局記者。2017年よりGEをはじめとするコングロマリットを担当。ロンドンでコピーエディター報道記者として働いたのちダウ・ジョーンズでバイオテクノロジーや製薬業界を担当。その後ウォール・ストリート・ジャーナルに移り現在に至る。マサチューセッツ大学アマースト校 歴史学 卒業。ダウ・ジョーンズ在職中にコロンビア大学ナイトバジョット・フェロー ビジネス・ジャーナリズム 。1年間のドイツ留学経験もある。妻と子どもたちとともにニュージャージー在住 マン,テッド Mann,Ted ウォール・ストリート・ジャーナルワシントンDC支局記者。企業および政府担当チーム所属。ザ・デイで政治担当記者として経験を積んだのちウォール・ストリート・ジャーナルに移籍。2017年ニューヨーク支局の企業局でGEをはじめとする産業界を担当し現在に至る。ニューヨーク大学 英米文学 卒業。妻と息子とともにワシントン在住 本データはこの書籍が刊行された当時に されていたものです 「きみは知っていたのか?」/ザ・ミートボール/ニュートロン・ジャック/ビッグ・ジェフ/後継者選び/同時多発テロ/会計トリック/GEを見る目の変化/封じられた最後の手段/買収と売却〔ほか〕 発明家・エジソンに起源をさかのぼることができるイノベーションに支えられた巨大企業・ゼネラル・エレクトリック GE 。本書は100年以上にわたって輝き続けた同社がなぜどのように凋落したのかを記した歴史的著作である。 本 科学・技術 工学 電気工学

5 (1)
¥ 2,200

GE帝国盛衰史「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか

内容紹介 巨大企業が崩壊するとき内部では何が起こるのか? ビル・ゲイツが絶賛 「私の知りたかった答えが書かれた重要な本」 ウォール・ストリート・ジャーナル・ベストセラー 発明王 エジソンが興した世界最大の総合電機メーカーとして 1世紀以上の栄華を誇ったゼネラル・エレクトリック GE 。 ピーク時から企業価値は数分の一に激減し分割や事業売却も続き 「もはや解体」という声さえ聞かれる。 カリスマ経営者たちはどこで間違ったのか?ウォール・ストリート・ジャーナルの GE担当ジャーナリストが謎に迫った。 本書はエジソンに由来する家電事業に陰りが見えた後果敢な「選択と集中」で経営の神様と呼ばれたジャック・ウェルチの下世界最大規模のコングロマリットとしてその栄華を誇ったころからの綿密な取材に基づきウェルチのあとのCEOを引き継いだジェフ・イメルト時代の経営を中心に同社の苦闘の内幕が描かれていく。 ウェルチ時代からGEはいわゆる電機メーカーの枠を大きくはみ出した存在となっており航空機エンジン高機能プラスチック医療システム発電システムなど先端分野へと広がりさらに金融サービス放送情報サービスなどのサービス分野が大きな割合を占めメーカーという枠ですら収まらなくなっていった。多岐にわたるこうした事業分野の間で難しい舵取りを迫られた後継者たちはどうしてここの凋落を許してしまったのだろうか? ビル・ゲイツが「2021年夏の推薦図書5冊」に選んだことで内容は折り紙付きの本書。パナソニック東芝ソニー日立製作所三菱電機三菱重工IHIといった日本の電機業界を中心とした大企業にとって常にお手本であったGEの頂点から解体へと向かう歩みを綴った本書は日本のメーカー企業のビジネスパーソンにとって気になる本となることは間違いない。 レビュー 発明王エジソンが興した世界最大の総合電機メーカーとして 1世紀以上の栄華を誇ったゼネラル・エレクトリック GE 。 ピーク時から企業価値は数分の一に激減し分割や事業売却も続き 「もはや解体」という声さえ聞かれる。 カリスマ経営者たちはどこで間違ったのか?ウォール・ストリート・ジャーナルの GE担当ジャーナリストが謎に迫った。 目次 1 「あなたは知っていたのか?」 2 ザ・ミートボール 3 ニュートロン・ジャック 4 ビッグ・ジェフ 5 後継者選び 6 同時多発テロ 7 会計トリック 8 GEを見る目の変化 9 封じられた最後の手段 10 買収と売却 11 ブランド 構築 12 買収による拡大 13 歴史的事業からの撤退 14 帳尻合わせ 15 住宅ローン 16 収益エンジンの停止 17 質の低い利益 18 リーマンショック 19 政府による救済 20 トリプルAからの転落 21 メディア事業からの撤退 22 監視 23 環境重視のブランド戦略 24 124歳のスタートアップ 25 買収ターゲットを探せ 26 「簡素化」の追求 27 テック企業への転進 28 GEキャピタル VS FRB 29 極秘会議 30 GEキャピタル売却 31 GEデジタル 32 奇妙な計算 33 株主総会直前の合意 34 企業と国家 35 フランス政府の抵抗 36 石油事業の失敗 37 プログラマー募集 38 プレディクス 39 「いまさらあとには退けない」 40 反対意見はなかったのか 41 アクティビスト 42 本社移転 43 グロース・プレーブック 44 攻撃的会計処理 45 ヘッジファンドとの合意 46 権力との距離 47 変更が許されない公約 48 新しいボス 49 隠蔽体質 50 問題だらけのオペレーション 51 CFOの涙 52 自社株買い 53 リセットの年 54 スタブ保険 55 コーポレートガバナンス 56 正直すぎた経営者 57 GE解体 58 エピローグ ひとつの時代の終わり 59 その後のGE 著者について トーマス・グリタ Thomas Gryta ウォール・ストリート・ジャーナルニューヨーク支局記者。2017年よりGEをはじめとするコングロマリットを担当。ロンドンでコピーエディター報道記者として働いたのちダウ・ジョーンズでバイオテクノロジーや製薬業界を担当。その後ウォール・ストリート・ジャーナルに移り現在に至る。マサチューセッツ大学アマースト校 歴史学 卒業。ダウ・ジョーンズ在職中にコロンビア大学ナイトバジョット・フェロー ビジネス・ジャーナリズム 。1年間のドイツ留学経験もある。妻と子どもたちとともにニュージャージー在住。 テッド・マン Ted Mann ウォール・ストリート・ジャーナルワシントンDC支局記者。企業および政府担当チーム所属。ザ・デイで政治担当記者として経験を積んだのちウォール・ストリート・ジャーナルに移籍。2017年ニューヨーク支局の企業局でGEをはじめとする産業界を担当し現在に至る。ニューヨーク大学 英米文学 卒業。妻と息子とともにワシントン在住。 訳者 御立英史 みたち・えいじ 翻訳者。訳書にホルスト・シュルツ 『リッツ・カールトン 最高の組織をゼロからつくる方法』ヨハン・ガルトゥング『日本人のための平和論』デイビッド・ローワン『反逆の戦略者』デボラ・グルーンフェルド『スタンフォードの権力のレッスン』 いずれもダイヤモンド社 ロナルド・J・サイダー『聖書の経済学』『イエスは戦争について何を教えたか』 ともにあおぞら書房 などがある。

¥ 3,434

もしかして

他の人気キーワード